3月28日(土)第10回「0歳からのJAZZコンサート~3歳以上は楽器体験もできるよ~レポート

3月28日(土)第10回「0歳からのJAZZコンサート~3歳以上は楽器体験もできるよ~
■出演者
Encounter
p 堀 秀彰 ts 浜崎 航 b 高瀬 裕 dms 広瀬 潤次

2013年3月に手探りで始まった、おんがくのたびのJAZZコンサートも、気付けば10回目
今まではお願いしたリーダーにメンバーを決めて頂く形だったけど、記念すべき節目の回は長らくバンドとして同じメンバーで活躍されているEncounterの皆さんにご出演頂きました
メンバーのうち、浜崎さん以外はそれぞれ1~3回目のコンサートにご出演頂いてるけど、その頃はまだコンサートの運営も確立されていなかったので依頼する側もずいぶん勝手が違うものの、流石にバンドなので打ち合わせなどもスムーズ
この時期は残業続きで全く時間が取れないので、出演されているライブハウスに足を運んでの打ち合わせとなったけど、皆さんお忙しいのに、こちらの趣旨をよくご理解頂いて事前に相談/曲決めもして下さっていたり、その中にはバンドならではのオリジナル曲もあり(しかも個人的に好きな曲が多い!)こちらも益々当日が楽しみになった
打ち合わせの時、逆にミュージシャンからいろいろ質問があって、コンサートの事を大切に考えて下さっているんだなぁと、感謝したのでした

毎回ご出演頂くミュージシャンはそうだと思うけど、前日ライブがあって寝たのも遅い皆さんが、9時に集合、リハが始まりました
今回私は演奏中のお手伝いがないので、少し立ち会っただけだったけど、どうもフロントの浜崎さんの音はどこかから聴こえるものの、姿がない
この日はフルートも吹いて頂くので音響さんとの打ち合わせもあり探しに行ったら、なんとおむつ替え室から音が漏れている
と言ってもここは楽屋の1つを赤ちゃんのためのスペースにしているので、部屋の外に「楽屋1」と書いてあり、浜崎さんが入ったのも当然なんだけど、とにかくステージで音を出してもらわないとならない
普段演奏されないディズニーの曲や、お客様参加型の曲の部分は、百戦錬磨のメンバーと言えどもリハが必要なので、皆さん揃ってステージで演奏、バンドならではの呼吸で進行していくのも安心感がありました
受付にお客様も集まり始め、さて、どんなパフォーマンスで楽しませて頂けるのか、スタッフも興味津々なステージの開演です

■1部
1.Inspiration(堀秀彰)
忙しい中いろいろ考えて準備をして下さるミュージシャンにはきちんと敬意を表したいので、このコンサートではお一人づつ紹介してステージに登場して頂くんだけど、最後に登場して頂く予定の浜崎さんがお名前を呼んでも出てこない
あれ??トイレ??なんて言いながら、じゃぁ始めちゃいましょうか・・・と、お客様がポカンとされている中トリオの演奏が始まり・・・
そうです、浜崎さんはステージ後ろの階段から楽器を吹きながら登場されたのです
もちろんメンバーも私も知っていて困った顔をしてたわけですが、浜崎さんの嬉しそうな、してやったり!の顔も可笑しかったオープニング、おかげですっかり会場の空気も和み、たぶんお客様の殆どがご存じないオリジナルでもノリノリでした

2.Let’s go to the sea(浜崎航)
海の男、浜崎さんらしいオリジナルと続きます
ここからはロビーで聴いていましたが、お茶目な浜崎さんもいつも通りテナーらしい太い音で海への愛を歌い上げます

3.When I wish upon a star
毎回必ず演奏して頂くディズニー曲はメンバーといろいろ考え、何度か登場しているこの曲に
美しいフレーズにお客様もシーンと聴き入ってらっしゃいましたが、ピノキオの曲だってご存知かしら?

4.J.C.Street(堀秀彰)
個人的に大好きな曲なのでロビーで仕事をしながら楽しい気持ちでした
Encounterは皆さん曲を作られるけど、難しい曲でも何となく耳に残る親しみやすさが人気の秘密でもあるので、きっとこういう曲もお客様の心に響いたのではないかな?と嬉しくなりました

5.Stompin’at the Savoy~へぇぇぇぇコーナー~Call And Response
おんがくのたび名物、トッププロが音楽の秘密を明かして下さる「へぇぇぇぇ~コーナー」
この日はJAZZの手法の1つである「Call And Response」について分かりやすく解説して頂いた
要は“掛け合い”なんだけど、それを「Savoy!」ってとこをお客様に歌って頂く事で体感
最初は声が小さかったお客様も何度かの練習後、演奏に合わせてバッチリCall And Responseでした

6.聖者の行進~手拍子で参加~
ありがたい事にリピーターのお客様も多く、手拍子なども単なる裏拍などは難なくこなされるようになってるので、お客様参加型曲も一捻り必要になってきていて、毎回ミュージシャンの皆さんがいろいろ考えて下さっている
今回は曲の途中でドラムの広瀬さんがスティックで表現したリズムを、すぐその後にお客様が手拍子するというもので、Call And Response応用編でもある手拍子
優しい広瀬さんは難しい事はしない・・・というMCとは裏腹に、段々手拍子では無理な速さになってくあたりも、お客様の優秀さを表してるかな?
この曲の時、会場のお客様のご様子はどうかな?と覗いてみたら、手拍子では追い付けない4歳くらいの男の子が足踏みで体験していて、なるほどなぁ~子供は凄いなと思ったのでした

7.ASK(堀秀彰)
ラストはEncounterの曲の中でも特に人気のこの曲でノリノリのエンディング
JAZZの楽しさを感じて頂きつつ、聴いて頂けたのではないでしょうか

■2部
1.Oasis(浜崎航)
1部で客席後ろから登場してお客様にサプライズをして下さった浜崎さんは、2部もやる!と意気込んでいらしたけど、この曲は最初からサックスを吹く曲なので無理と堀さんに却下され、少ししょんぼりしながらステージに登場~
さっきは曲の途中で登場したので、できなかったプロフィール紹介がようやくできました(笑)

2.Oslo(堀秀彰)
★ここからラストまではロビーで仕事が忙しくなり聴けていません

3.Over the Rainbow

4.Stompin’at the Savoy~へぇぇぇぇコーナー~Call And Response

5.聖者の行進~手拍子で参加~

6.Stop&Go(堀秀彰)

そしてコンサートの後は、お待ちかねの楽器体験
前回より年齢の高いお子様が参加してくれた今回も、体験は年齢の小さいお子様から
小さなお子様が飽きないように、コンサートの間にロビーにお遊びコーナーを作ったり、体験するお子様の手を拭いたりなかなか忙しいけど、お子様方の目がキラキラしているのを見ると、頑張るぞぉ~と思うのでした
前回、未就学児の小さなお子様が待ちきれずにお帰りになったり、寝てしまい体験できなかったなど、可哀想な事もあったので、今回は全員がちゃんと体験できるよう、時間を少し短めにしたり、保護者の皆様にもご協力頂き椅子に座るのをお手伝い頂くなど、時間短縮に努めました
お子様方も保護者の皆さんもお楽しみ頂けたような楽器体験、まだまだ反省点もあるけど、帰りにはお子様方が手を振って楽しかったぁ~と言ってくれたりするのを見るにつけ、嬉しくなるのでした
数日後メンバーに会った時、運営についてのアドバイスも頂き、本当にありがたい事だと改めて感謝しました
これを読んで下さったお客様も、ご感想やご意見、ご要望などドシドシ書き込んで下さいね!

細々考えて下さり朝早くからご出演下さったEncounterの皆様、手弁当で手伝ってくれているスタッフ、ホール関係者の方々、そしてお忙しい中私達のコンサートに足をお運び頂いたお客様、本当にありがとうございました。

次回は5月23日(土)トランペットの奥村晶さんをリーダーにお送り致します
晶さんはあまりライブのない方なので、レア感満載のコンサートになる事、間違いなしです!!
既にかなりのお申込みを頂いておりますが、まだ間に合いますのでよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>